ライフ

桃が変色しない方法は?黒くなると食べれる?ケーキの時や切った桃の保存方法・色が変わる原因も

桃,変色

みずみずしくてそのまま食べても美味しいしジャムやコンポート、ロールケーキに入れたりしても美味しい桃。

でもカットしたまま放置してたらいつの間にか変色してしまった…

なんてことありますよね。

この変色を防止するにはレモン水を使います!!

この記事では桃の変色を防止するには?そのまま食べる時やケーキの場合についてご紹介しています。

他にも

○桃が変色する原因は何?

○切った桃が変色したけど食べれる?

○切った桃が数時間変色しない保存方法は?

○桃のコンポートが変色しないように作るには?

についても調査しました!

桃の変色を防止するには?そのまま食べる時やケーキの場合も

桃をそのまま食べる場合には塩水や砂糖水、レモン水に数分つけると変色防止になります。

ケーキにする場合はこの方法だと水分が多くなりベチャッとしてしまうのでおすすめしません。

なのでナパージュと言う表面をコーティングするやり方を使います。

ナパージュって何??って思いますよね。

ケーキ屋さんのケーキのフルーツがツヤツヤしてて透明な何かがかかっているのを見たことがあるはず。

それがナパージュです。

やり方は簡単で缶詰のシロップにアガーを加えて上から桃をコーティングするだけ。

桃は湯むきなどして皮をむいてレモン水にサッとくぐらせておけばさらに安心ですね。

また、フレッシュな桃じゃなくてもコンポートにした桃を飾り付けたり、缶詰を使うのも手軽でおすすめです。

そのまま食べる場合は塩水、ケーキの場合はナパージュすると変色防止になりますよ!

桃が変色する原因は何?

皮むきした桃がいつの間にか黒ずんできてる…

なんだか腐ってそうにみえてしまいますしびっくりしますよね。

そうなってしまう理由は酸化にあります。

桃に含まれるポリフェノールは空気に触れると酸素と結合してしまう性質を持ちます。

りんごやバナナがだんだん黒ずんでいくのと同じ原理なんです。

ちなみに酸化と聞くとなんとなく体に悪そう…というイメージがありますが、

この場合の酸化は体になんの影響もないので安心して食べてくださいね!

桃が変色してしまうのは桃に含まれるポリフェノールが酸化してしまうからなんです!

切った桃が変色したけど食べれる?

カットしてからしばらく時間か経った桃ってこげ茶色~黒になっていて

食べても大丈夫なのか…?

って心配になりますよね。

変色した桃は腐ってなければ食べても大丈夫なんです!!

先程もご紹介した通り、変色した桃はただ酸化しただけ。

なので食べてもなんの問題もないんです。

ですが早めに食べた方がいいのでカットしたらその翌日までに変色した桃を食べきりましょう。

もし腐ってる場合は

○変な汁が出てる

○ぐしょぐしょに柔らかい

○においが変

などの特徴があります。

また、切った時に中身の種や種の周りが茶色く変色している場合は間違われやすいのですが腐っていないんです。

成熟が進んだ証拠なのでかなり甘くて美味しい桃です。

ベストタイミングなのでぜひ食べてくださいね!

変色した桃はカットしたらその翌日までに食べきりましょう!!

切った桃が数時間変色しない保存方法は?

変色しても食べれますがせっかくなら見た目がキレイなままをキープしたいですよね。

特にお弁当だったりケーキのトッピングだとキレイな薄ピンクのままがいいですよね!!

変色を阻止するには食塩水や酢水、砂糖水、水をハチミツを溶かしてシロップを作りそれにつけておくと変色防止になります。

食用のクエン酸があるならそれをかけて混ぜておくのもOK。

ただし酢水やクエン酸は入れる量が多すぎると酸っぱくなりがち。

食塩水も塩の量を入れ過ぎると味に影響が出てしまいます。

私のおすすめはハチミツを溶かしたシロップです。

砂糖よりも自然な甘みになりますしハチミツのコーティングで変色しない時間が長い気がします!

他にも100%のオレンジジュースにつけておく方法もあるので好きなもので試してみてくださいね!

ちなみに冷凍してもこれらを使えば色が変わらないので長期保存が可能になります。

桃の変色防止には塩水、酢水、砂糖水、ハチミツシロップ、オレンジジュースを使ってみてくださいね!

桃のコンポートが変色しないように作るには?

ヨーグルトにいれて食べたりケーキのトッピング、ゼリーやパンケーキに添えたりもちろんそのまま食べても美味しいコンポート。

でもしばらく煮込んでいて皮をむいたら変色してしまった…

って失敗ありますよね。

変色しないように作るにはレモン汁を入れるのがポイントなんです。

レモン汁を入れると変色防止になるだけでなく、発色が良くなるメリットがあるんです。

レモン汁入れないで作るとキレイなピンクというよりかは少しくすんで出来てしまいます。

また、レモン汁を入れると酸味が出て味のバランスが取れ、一気に味が引き締まります。

ぜひやってみてくださいね!

コンポートの変色防止にはレモン汁をいれてください!!

まとめ

今回は桃の変色防止には?原因と変色した桃は食べれるのか、変色しない保存方法とコンポートの場合についてご紹介しました。

まとめると

○桃の変色防止にはそのまま食べるならレモン水にくぐらせたり、ケーキのトッピングならナパージュする。

○変色する原因は酸化。ポリフェノールが空気中の酸素と結合してしまうから。

○変色した桃は食べれるけど早めに食べきるのがおすすめ。

○変色しないようにするためには食塩水、酢水、砂糖水、ハチミツシロップ、クエン酸、オレンジジュースが使える。

○コンポートの変色防止にはレモン汁を入れることが大切。変色防止になるだけでなく、色味を良くしたり味を引き締める効果がある。

変色してしまった桃はオレンジジュースにつけておくと色味が復活します!

同じ方法で変色してしまったりんごを復活させることができるので試してみてくださいね!!