ライフ

ハンバーグは寝かす時間や意味は?タネを寝かせるのは成形前?半日や一晩、2日置いても大丈夫?

ハンバーグのタネは寝かせる方が美味しくなるって言いますよね!

でも、どのくらい寝かしたら良いのか迷いませんか?

そこで調べてみると、ハンバーグのタネは、1時間から2時間寝かせばOKなんです!

ここではハンバーグの寝かせるのは成形前・成形後?や半日・一晩寝かせる事も良いのか?

寝かせる意味やタネは冷蔵庫で何日持つのか?冷凍保存についても紹介します。

 

ハンバーグのタネは寝かせる?寝かす時間や意味はあるの?

 

ハンバーグのタネは寝かせて焼いた方が美味しいんです!

寝かす時間は、1~2時間ほど。

寝かすとなんで美味しくなるのかというと

それは

  • ふっくらとして肉汁があふれるようになる。
  • 味がなじんでうま味が増える。
  • 形が落ち着いて崩れにくくなる。

からなんです。

こねたばかりのタネは水分や油分がまだなじんでいない状態。

その状態で焼くと崩れやすいし肉汁も流れ出てしまってパッサパサの美味しくないハンバーグになってしまうんです。

また、寝かせると肉が熟成しうまみ成分であるアミノ酸が増えて美味しさもUP!!

まさにメリットだらけなんです!!

ぜひハンバーグのタネは寝かせてから焼きましょう!!

ハンバーグ,固い
ハンバーグが固い原因は?リメイクや柔らかくする方法は?パサパサを復活させる仕方も家庭料理の定番、ハンバーグ。 子どもも大人も大好きですよね! でもたまーに、このハンバーグ固いぞ?ってなる時ありませんか? ...
ハンバーグ,ゆるい
ハンバーグのタネがゆるい時の対処法は?冷やす・ゆるいまま焼く?パン粉がない時や硬さの目安もハンバーグを作る時、タネがゆるくなってしまって「失敗した!」という経験はありませんか? タネがゆるくなってしまった時は、どうしたら...
ハンバーグ,焼き時間
ハンバーグの焼き時間の目安は?フライパンやレンジ・オーブンは?焼けたか確認する方法もジューシーで美味しいハンバーグ。 子どもから大人まで大好きな料理で和風にしたり洋風にしたりとバリエーションを楽しめるのも魅力ですよ...

ハンバーグを寝かせるのは成形前?成形後?

ハンバーグ,タネ,寝かせる

寝かせるのは分かったけどどのタイミングで寝かせるの?

ハンバーグの形にしてから?それともタネの状態?

その答えは成形前なんです!

成形してから寝かせるとハンバーグの表面にヒビができてしまいます。

このヒビから肉汁が出てしまい美味しくなくなってしまうんです!

それに成形してから寝かせるとせっかくキレイに形作ったのにお皿に引っ付いて焼く時になんだかいびつに…なんてことも。

しかもそこから空気が入ってしまい、焼いてる途中に「パァン!!!」なんて音がして見たら割れてた!!って経験ありません?(私だけ?)

なので成形する前のタネの状態で寝かせた方が良さそうです。

ハンバーグのたねは一晩寝かせる、半日や2日置いて焼いても大丈夫?

寝かせると美味しくなるのは分かったけどどのくらい置いてたらいいのか気になりますよね。

1~2時間、長くても半日ぐらいがベスト。

もちろんこれには条件があります。

 

・必ず冷蔵庫で!

パンなどのベンチタイムは常温だったりしますがハンバーグのタネは生肉ですので必ず冷蔵庫に入れましょう。

冬場だから大丈夫なんてことはなく、常温で長時間放置するのはやめましょう。

・あまり空気に触れさせない!
空気にふれたところから傷んでしまうので密閉容器かラップしとくのがベター。

これだけ見るとちょっとめんどくさい…なんて思っちゃいますがこれも美味しいハンバーグのため。

つい私も「よーく焼けば大丈夫♪」なんて思っちゃいますが焼いても死滅しない雑菌もいます。

寝かせ過ぎず、ラップして冷蔵庫で長くても半日ぐらいにしましょう!

ハンバーグのタネは冷蔵庫で何日持つ?

ハンバーグ,タネ,寝かせる

 

ぎりぎり1日くらいまでなら大丈夫です。

これはあくまで目安なので色が変わってるとか酸っぱいにおいがする時は諦めましょう。

ちょっとゾッとする話ですがひき肉は表面積の大きさから雑菌が繁殖しやすいんです。

そしてタネには生卵や牛乳が入っていてどちらも傷みやすい食品。

…もう考えたくないですね。

また、ハンバーグをこねるときに素手だったらなおさらアウトなんです。

手をキレイに洗ったつもりでも皮膚の細かいシワにいる菌はなかなかとれません。

その手でお肉をさわるとますますお肉が傷む原因になってしまうんです…!!

ハンバーグをこねるときは料理用の使い捨て手袋があると安心ですね!

ハンバーグのタネは作ったらできるだけ早く、1日くらいを目安に食べきっちゃいましょう!

ハンバーグのタネの冷凍は焼いてから?それともタネのまま?

ハンバーグ,タネ,寝かせる

冷凍保存するなら「焼いてから」がいいです!

冷凍してても少しずつお肉は劣化してしまうのですが焼いたほうが劣化は少なくなります。

タネのままでも冷凍はできますが解凍中にも雑菌が繁殖してしまったり、しっかり火を通さないと生焼けになってしまいます。

それに焼いてから冷凍すると成形し直す手間が省けるメリットが。

なにより食べる時にレンジでチンするだけ!

時間のある時に作り置きしておけば忙しい時の夕食準備が圧倒的に楽になっちゃうんです♪

忙しいワーママさんとかには「レンチンのみ」ってかなり嬉しいですよね!

ハンバーグのタネは焼いてから冷凍しましょう!

まとめ

この記事ではハンバーグのタネの寝かせる時間、成形してから寝かせるのか、どれくらい置いといてもいいのか、保存法などをご紹介しました。

それぞれまとめると

  • ハンバーグのタネは寝かせたほうが味がなじむし、アミノ酸の効果で美味しさUP!
  • 寝かせるのは成形する前。手間が省けるし空気で割れるのを防ぐため。
  • ハンバーグのタネは遅くても半日以内に食べ切る。焼いても死なない雑菌がいるから放置しすぎは危険。
  • ぎりぎり1日くらい入れてても大丈夫だけど雑菌が繁殖してる可能性大。冷蔵庫に長時間入れとくなら手袋を使ってこねるのがベター。
  • 冷凍保存は焼いてから!劣化を抑えれるだけでなく「レンチンのみ」で食べられる。

これをすべて抑えて作ればいつもより格段に美味しいハンバーグが作れるはず!

手間ひまかけて美味しく作っちゃいましょう!