ライフ

キャベツを洗うと白い油や粉状の物が浮くのは農薬?その正体は何?

キャベツ,洗う,白い

キャベツをボールに入れて洗っていると、白い油のようなものが浮いくるのが気になりますよね。

洗っているとキャベツは水も弾くし、これは農薬が残っていると思って、私は最初捨ててしまいました…

でも、2~3回洗えばこの白い油は落ちるようですが、気持ちが悪かったから処分したんです。

ここではキャベツから出る白い油は農薬なのか、食べても問題ないのか、白い物の正体について調べてみました。

キャベツから出る白い油(粉)は農薬なの?

キャベツ,洗う,白い
キャベツから出る白い油や粉状のものは農薬だと思っていたのですが、調べてみると、農薬ではないようです。

なので、普通に水で洗うだけで白い油や粉のような物は落ちるので、食べても無害だそうです。

キャベツの農薬散布って収穫の何日前までと決められているそうで、雨でも流れるような農薬を使ってあるとのこと。

私たちがスーパーで買う頃には、畑にある大きな外側の葉は剥がしてあるし、また、使う時も1~2枚剥がして使うので、農薬に関しては心配しなくて良いようです。

じゃ、この白い油、粉状のものは何なのか、

調べてみると…

 

キャベツに付いている白い物の正体は何?

キャベツ,洗う,白い
このキャベツから出る、付いている白い物を調べてみると、『ワックスブルーム』という物質のようです。

『ワックスブルーム』とは、ロウ状物質とのことで、天然のロウともいわれるようです。

これはキャベツ自体が出している物質で、自分の身を守るために分泌しているそうです。

虫や低温、太陽の光や干ばつのような水が不足している時、乾燥や病気から自ら身を守っているんです。

これを知ると、キャベツって凄いですね。

キャベツ畑で雨が降って、キャベツの周りに白い粉状のものが落ちているのは、このワックスブルームだったんですね。

知らないと農薬かと思いますよね。

ちなみに、このワックスブルームは、ぶどうやブロッコリーにもあるようです。

なので、身体に害があるものではなく、洗い落として食べると良いようです。

レッドキャベツの白い粉もワックスブルーム

レットキャベツも洗う時に白い油、粉が気になると思いますが、これもワックスブルームで、キャベツと同様に、虫や病気、水分の蒸発を防ぐためにキャベツ自身がロウを出して身を守っているようです。

このワックスブルームは野菜や果物などの新鮮な物に出るようで、鮮度を判断する材料にもなるとのこと。

ちなみに、表面が光っているものより粉状、白い粉が付いている方が品が良いようです。

ぶどう、巨峰などで私はよく見ますが、あれは鮮度が良いということなんですね。

まとめ

ここではキャベツを洗う時に出る白い油や表面に付いている白い粉について調べてみました。

調べた結果、キャベツから出る白い油や粉は、キャベツ自身が虫や乾燥などの環境から身を守るために、ワックスブルームという物質を出していました。なので農薬ではなかったですね。

知らないと農薬と思ってしまいますが、このワックスブルームは鮮度を判断にも参考になるんですね。

表面に白い粉が付いている方が良品のようです。

キャベツから出る白い油や粉は、危険なものではなかったので私も安心しました。