ライフ

アボカドのピリピリは腐ってる?状態や見分け方・保存方法や期間・食べたらどうなる?

アボカド,ピリピリは腐ってる

やわらかな緑色が印象的でねっとりクリーミーなお味が特徴のアボカドは和食にも洋食にも良く合いますよね。

ねっとりと熟した美味しそうなアボカドを口に入れたとたん、「あれ?なんだかおかしいな。ピリピリしてる?」などと思ったことはありませんか。

アボカドのピリピリは腐ってるのだとしたら心配ですよね。

実際のところは大丈夫なのかお伝えします。

また、腐ったかどうかの見分け方や保存方法期間、腐ったアボカドを食べたらどうなるかもお伝えしていきます。

アボカドがピリピリするのは腐ってるの?

アボカドを食べた時にまれに口の中がピリピリする時がありませんか。

腐っているのかなと心配になったりするのですが、アボカドの色や臭いに異常が無い場合はアボカドアレルギーの可能性があります。

特にバナナや栗にパイナップルやアボカド、また天然ゴム(ラテックス)にアレルギーを持つ人は「ラテックスフルーツ症候群」というアレルギー反応であることを疑いましょう。

ピリピリとした感覚がずっと引かなかったりかゆみがある場合にはアボカドアレルギーの可能性が大ですからすぐに食べるのを止め、医師の診察とアレルゲン検査を受けましょう。

アボカドが腐ってる状態や見た目・見分け方は?

アボカドは外側を見ただけではどのぐらい熟しているのか、また傷んでいるのかが分かりにくいですよね。

アボカドが腐っている見分け方としては以下の点を確認してください。

〇手に持った時にぶよっとしていたり汁が出ている。

〇切った時に強い酸化臭があり、果肉がぐずぐずとしている

〇果肉全体が黒や茶色になり、ヘタが取れている

〇カビが生えている

果肉の一部が線状に黒くなっている部分がある場合は種に栄養を送る部分が黒くなりやすい性質があるだけなので安心して食べてくださいね。

選ぶときには張りがあって傷がなく、手に持った時にややずっしり感があってべとつかない物を選ぶのがコツですよ。

腐ってるアボカドを食べたらどうなる?

アボカドのみならず、黄色ブドウ球菌やO-157など腐った食品には食中毒菌が大量発生し、状態によっては人体に重大な影響を与えます。

アボカドが腐っている時には強い酸化臭やかび臭さがあり色も全体が黒や茶色に変色してぐずぐずと果肉が崩れています。

なおアボカドを冷蔵保存すると低温障害の影響で腐っているような色になる場合があります。

冷蔵保存していて色以外の異常がない場合は低温障害による変色なので食べても問題ありません。

また果皮にカビが生えている場合も食べるのも止めましょう。

カビの胞子は目に見えないだけで果肉全体に回っているので、かびている所が一部であっても丸ごと捨ててしまいましょう。

万一食中毒の症状が出た場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

アボカドの保存方法や期間は?

アボカドの保存方法はアボカドが完熟しているかどうかで変わってきます。

詳しい保存方法は下の【アボカドの保存方法】のコーナーでお伝えするとして、ここでは簡単にアボカドの保存方法や期間について触れましょう。

アボカドがまだ固い場合

アボカドをポリ袋に入れて直射日光やクーラーの風が直接あたらない常温で保存し、アボカドの果皮がブドウ色から黒色になってくれば完熟です。

アボカドが完熟した場合

アボカドを27℃以下の常温で直射日光やクーラーの風が直接あたらない場所に置き、早めに食べましょう。

アボカドは寒さに弱いので冷蔵庫に入れると低温障害で果肉が黒くなってしまいます。

アボカドの保存方法

アボカドの食べごろはアボカドの果皮がブドウ色から黒色になってきた頃です。

全体が緑色の時は完熟していないので、アボカドをポリ袋に入れて直射日光やクーラーの風が直接あたらない常温で保存します。

この際、リンゴを一緒に入れておくとエチレンガスの働きで完熟までの期間が短くなります。

アボカドが完熟したら27℃以下の常温で直射日光やクーラーの風が直接あたらない場所に置き、早めに食べましょう。

アボカドは冷蔵庫に入れると低温障害を起こしやすいので、夏場で室温が高い時などは直接冷気が当たらないようにペーパータオルなどで包んだうえでポリ袋に入れて早めに食べましょう。

アボカドは冷やしすぎないでくださいね!

アボカドの保存期間

完熟していない時

完熟まで27℃以下の常温で直射日光やクーラーの風が直接当たらない所で常温保管します。

スーパーなどで売られているアボカドは基本的には追熟させたものを販売しているので、少々固い場合でも5日程常温保管すれば完熟状態になるでしょう。

早めに食べごろにしたい場合はポリ袋の中にリンゴを一緒に入れてから保存するのがおすすめです。

完熟したら

完熟したらアボカドは色変わりが早いので早めに食べる事をおすすめします。

また、一旦切ってしまうと切り口がすぐに黒くなっていきます。

食べきれない場合は丸のままペーパータオルで冷気が直接当たらないよう包んでポリ袋に入れ冷蔵庫で2日程保存してください。

まとめ

以上、アボカドのピリピリは腐ってる?状態や見分け方・保存方法や期間・食べたらどうなる?をお伝えしました。

まとめると

〇アボカドのピリピリの原因はラテックスフルーツ症候群の可能性

〇アボカドが腐っている見分け方

1手に持った時にぶよっとしていたり汁が出ている。

2切った時に強い酸化臭があり、果肉がぐずぐずとしている

3果肉全体が黒や茶色になり、ヘタが取れている

4カビが生えている

〇アボカドは追熟させる際は常温で、完熟してからは冷蔵庫で2日保存できる。

食べごろアボカドの見極めはプロの料理人にも難しいと言われています。

この記事を参考にしておいしいアボカドを選んでくださいね!