ライフ

カビたレンコンは食べれる?白い綿毛や黒・緑・青はカビなの?腐る見分け方や保存方法も

れんこん,カビ

これからお正月にかけて、縁起の良い食べ物として出番が増えるレンコンですが、買ってきてしばらく経つと、白いカビのようなものが生える時がありますよね?

また、白色だけでなく、黒や緑色のような色が出てくることもあります。

そのような時に、食べて大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回は、レンコンのカビの見分け方や、長持ちする保存方法などを調べていきたいと思います。

カビたレンコンは食べられる?

それでは早速、カビたレンコンは、食べる事が出来るのかを調べていきたいと思います。

結論から言うと、カビたレンコンは、食べない方が良いでしょう。

そもそもカビというのは、表面だけに生えているわけではありません。

食材の中にも、カビ菌は侵入している可能性があります。

食材の内部にカビ菌がある場合は、表面をしっかり洗い流したとしても菌は残っているので、食べない方が良いでしょう。

レンコンの白い綿毛はカビなの?

それでは次に、レンコンに生える白い綿毛のようなものはカビなのかを調べてみましょう。

白い綿毛のようなものは、「白カビ」と呼ばれるカビです。

間違えやすいものとして、レンコンには、時々レンコン自体のデンプンが固まって白く浮き出てくる時があります。

しかし、この場合は白くつぶのような形をしています。

形状が違うので見分けやすいと思いますが、白いふわふわとした綿毛のようなものは「白カビ」なので食べないようにしましょう。

蓮根をカットすると黒いけどカビなの?白くする方法はある?

レンコンをカットした時に、黒くなっている事がありますが、これはカビではありません。

レンコンに含まれている、ポリフェノールによる現象です。

レンコンには、もともと「タンニン」というポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールは、酸化すると黒く変色するという特徴があるのです。

リンゴをカットしたままにしておくと、変色するのと同じように、レンコンもカットすると変色してしまうのです。

ただし、レンコンが全体的に黒くなっていて、異臭がする場合はカビている可能性もあるので、食べないようにしましょう。

では、黒く変色してしまったレンコンを、元の白い色に戻すことが出来るのか、調べてみたいと思います。

レンコンが黒くなってしまった時は、「酢」を使って変色を戻すことが出来ます。

*用意する物*

・水:400ml
・酢:大さじ1

*方法*

  1. まず、レンコンを使いやすい大きさにカットします。
  2. そして、ボウルなどに水を400ml入れ、その中にお酢を大さじ1加えます。
  3.  よく混ぜたら、その中にレンコンを入れましょう。
  4. しばらく浸けておいて、元の白い色に戻ってきたら完成です。

レンコンの穴の所にすこし緑(青・黒)色だけどカビなの?

では次に、レンコンの穴の所にある、緑や青・黒色のものはカビなのかを調べていきましょう。

レンコンの穴にある、緑や青色のものは、「青カビ」の可能性が高いと言われています。

カビの種類は色々ありますが、「青カビ」は「白カビ」よりも毒素が強いと言われていて、見つけた時は食べない方が良いでしょう。

れんこん 腐るとどうなる?保存方法も!

それでは最後に、れんこんが腐るとどうなるのかや、長持ちする保存方法を調べていきたいと思います。

れんこんは、腐ると下記のような特徴が見られます。

  • カビが生える
  • カビ特有の異臭がする
  • 味が苦くなる
  • れんこん内部まで、黒や茶色に変色する
  • 触ると柔らかく、ブヨブヨする
  • れんこん表面が、全体的にぬるぬるする

このような特徴が出てきたら、れんこんが腐っているので注意しましょう。

では次に、保存方法です。

・常温保存

れんこんが、泥付きの状態でしたら常温で保存することが出来ます。

新聞紙などを湿らせて、れんこんを全体的に包みましょう。

そして、ポリ袋などで保存すれば、約1週間ほど日持ちがします。

・冷蔵保存

れんこんを冷蔵保存する場合は、湿らせたキッチンペーパーなどで包むと長持ちします。

キッチンペーパーで包んだら、ラップなどで空気に触れないようにして、冷蔵保存しましょう。

約1週間ほど日持ちがします。

・冷凍保存

れんこんを冷凍保存する場合は、まず使いやすいようにカットしておくと便利です。

そして、酢水に少し浸し、密閉容器に入れて冷凍しましょう。

冷凍保存の場合は、約1ヶ月ほど日持ちがします。

まとめ

さて今回は、れんこんのカビの見分け方や、長持ちする保存方法などを調べてみました。

れんこんは根菜なので、ついつい買ってきてから放置してしまいがちですよね。

しかし、れんこんも他の食材と同様、カビてしまうと食べる事が出来なくなってしまいます。

美味しく食べられるように、用途に合わせてしっかり保存しておくようにしましょう。