ライフ

卵にひび割れは食べられる?加熱したらどう?ひび割れた卵の賞味期限も

卵,ひび割れ,食べれる

いつものように買い物から家に戻って、冷蔵庫に食品を入れようとした時、気がついたら、卵を割ってしまっていて、ひびが入っていた…

慎重に扱うことを心がけていたとしても、
ついうっかりやってしまった・・・ということはよく起こりがちですよね。

何と言っても卵は鮮度が一番!
ちょっとひび割れたぐらいだともったいないのでどうにかしたい。

でもこのまま食べられるだろうか…
と不安になることも。

今回は、ひび割れした卵は食べられるのか?加熱したらどうなのか? ひび割れた卵の賞味期限について調べてみました。

卵にひび割れが…これって食べられるの?

卵,ひび割れ,食べれる

食卓に欠かせない卵。

慎重に扱っているものの、割れているのを発見してしまうともったいなくてどうにか活用したいものですね!

調べたところによると、ひび割れ卵は食べることができます。

もし完全に割れてしまっていたとしても、
お皿に移してラップをしていれば、その日中であれば食べることが可能です。

ひび割れた卵で、もし中身が溢れそうにない状態であれば食べるまで、そのままパックに入れて保管しておきましょう。

ひび割れた卵は加熱すれば食べられる?

卵,ひび割れ,食べれる

衛生面では、卵にひびが入ったことで、空気に触れややすくなり、雑菌が増殖してしまうリスクが高くなるので、生食でなく、加熱調理で食べることが絶対です。

ですが、ここで一つ注意して欲しいのは、ゆで卵にして保存するのはNGということです。

なぜかというと
卵にはもともと有害な菌を溶かすリゾチームという酵素が含まれているのですが、

火を通すと、菌に対抗する酵素が働かなります。

その結果、そのままの状態で放置してしまうと熱が冷めた頃に菌が増殖する原因になります。

つくづく卵はデリケートな食材なんですね!

また、加熱することによって得られるメリットもわかりました。

卵は人の身体に必要な栄養素がバランスよく含まれている完全栄養食と言われています。

卵は栄養の吸収率が良いことでも知られているのですが、なんと生卵として食べるよりも、加熱して食べたほうが吸収率がUPするそうです!

菌の増殖を防ぐためにも、また栄養吸収率UPのためにも、加熱調理をして早めの処理を心がけましょう。

卵がひび割れた状態の賞味期限は?

卵,ひび割れ,食べれる

完全に割れてしまっていた場合の賞味期限は、その日中に処理をするということでしたが、少しひびが入っているとどうでしょう?

卵に少しひびが入っている場合の賞味期限は、だいたい2日ほどと言われています。

先ほども書いたとおり、ヒビが入っている時点で空気に触れやすくなって雑菌がつきやすくなる上に、もともと卵についているサルモネラ菌の増殖の恐れもあります。

そのため食べる際は必ず加熱調理をしてから食べることが大切です。

サルモネラ菌とは。

動物の腸管や自然界にいる菌のことで、
卵も10万個のうち3個の割合でこのサルモネラ菌に汚染されている可能性があり、

菌が増殖したものを食べてしまうと、
食中毒になる可能性があります。

また、サルモネラ菌は5℃以下であれば、繁殖することが可能なため、知らぬ間に増えてしまう場合があるようです…

そもそも、卵の賞味期限は「安心して生食できる期限」を示しており、サルモネラ菌の増殖が起こらない期間として設定されています。

そのため、卵の消費期限は賞味期限が過ぎてから1週間ほどと言われていて、賞味期限が過ぎてしまった場合は、加熱調理が推奨されます。


加熱調理が推奨される理由としては、サルモネラ菌は75℃以上で1分以上加熱すれば死滅するためだそうで、そのためにも加熱調理が大切なんです!

通常の賞味期限については、パックした日から2週間が賞味期限になっていることが多いため生卵を食べたい場合は、それを目安に食べることを考えましょう。

 

★関連記事★

卵の保存方法について紹介しています。

卵の常温の日持ちは?夏と冬では違う?冷蔵庫での保存期間も

牛乳は開封後に何日持つ?腐った見分け方や傷んだ牛乳を飲んだ時は?

チーズやバター・マーガリンの違いは?何からできているの?

 

 

まとめ

さて今回は、ひび割れ卵が食べられるのか、賞味期限はどのくらいなのか?について調べてきました。

まとめると、

  • 賞味期限は大体2日ほど
  • ひび割れていても卵は食べることができる
  • 菌の増殖を防ぐためにも、加熱調理をして早めの処理が大切
  • 加熱することで栄養吸収率UPが期待できる
  • ゆで卵で食べるのはNG

ということでした。

みなさん、卵を割ってしまっても慌てず、加熱調理での活用考えてみてくださいね!