ライフ PR

【2023福岡国際マラソン】で接触事故・選手は骨折・右肘開放骨折とは?大会車両は必要な理由は

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

12月3日に行われた福岡国際マラソンで、大会車両と選手の接触事故により、
選手は転倒し、右肘開放骨折しながらも残り約10キロを走り完走。

今回マラソン中継をテレビで観戦していて、気になっていたのは、大会車両が選手に近いな思っていました。

ここでは右肘開放骨折はどんな骨折なのか?また大会車両は必要な理由ついて調べて見ました。

スポンサーリンク
・本サイトはプロモーションが含まれています。

右肘開放骨折とは?

右肘開放骨折とは、右肘の骨が外部から見て分かるように皮膚から突き出ている状態を指します。

開放骨折は通常、外傷や事故によって骨が外部に露出してしまう場合に発生します。

骨折は、骨が折れることを指し、開放骨折はその骨が皮膚を通り抜けて外部に露出している状態です。

これは通常、怪我や外傷が非常に強い力でかかった場合に発生します。

右肘開放骨折の場合、右肘の近くで骨が折れ、その骨が肘の皮膚から突き出ている状態です。

この状態は非常に痛みが強いだけでなく、感染のリスクも高まります。

治療には手術が通常必要で、外傷部分を清潔にし、骨を修復したり、固定したりすることが含まれます。

また、感染予防のために抗生物質が使用されることもあります。

スポンサーリンク

マラソンに大会車両が必要な理由は

安全とコースの整備

審判車やTV中継車がコース上を移動し、選手を監視することで、急な緊急事態や選手の安全確保が可能です。
また、選手や観客の安全を考慮し、適切なルートの確保や道路の封鎖、交通整理が必要です。

視聴者に情報提供

審判車やTV中継車はリアルタイムで競技の進行状況や戦術、記録などを視聴者に提供する役割を果たします。
これにより、競技の興奮を高め、視聴者にとってより魅力的なものになります。

スポンサーシップと広告

TV中継はしばしば大規模なイベントであり、スポンサーシップや広告が重要な収益源となります。

TV中継車やバイクはその一環としてスポンサーのロゴや広告を掲示し、スポンサーにとって露出を確保します。

一方で、環境への影響や排気ガスの問題に対処するため、近年では持続可能性に焦点を当て、電動車両やクリーンなエネルギーを使用する取り組みも増えています。

各競技イベントや主催者は、これらの要因をバランスさせつつ、競技の進行や視聴者のエンターテイメントを考慮していることが多いです。

他にも、以前マラソン大会で不正行為が発覚し、一位とされた選手の記録が取り消された事例があるためです。
このような事態を防ぐために、審判車が存在しなければならないと考えられます。

事故に遭われた選手の回復を心より願っております。

 

スポンサーリンク

 

【動画】福岡国際マラソン2021白バイ事故の様子

引用:Ichiro Yoshidaチャンネルより

引用:世界の野良猫動画 world street channelより

事故に遭われた方は大丈夫だったでしょうか。

スポンサーリンク